不正アクセスを防ぐ|エコな企業はみんな取るISO14001|外部委託でできる文書管理

エコな企業はみんな取るISO14001|外部委託でできる文書管理

不正アクセスを防ぐ

スーツのウーマン

今やどの企業でもインターネットを使っての業務は当たり前に行われています。いつでも必要なデータを表示させることができるほか、ネットワークを通じて社内の社員との連絡も迅速にできるようになったため、非常に便利です。しかしその反面、インターネットを悪用して情報を盗み出す、クラッキングによる問題が多くの企業にとって脅威となっています。悪質なクラッカーは企業の機密情報を盗み出し、それを他社に売却することで利益を得ています。もしも重要な情報を盗み出されれば、自社で研究していた新商品を他社が先に販売してしまうことや、取引をしている会社や個人の情報を漏洩させることで社会的な信用を失う可能性もあり、損失額は計り知れないものとなるでしょう。こうしたネット犯罪から情報を守るためには、しっかりとしたセキュリティ対策が不可欠。このセキュリティ対策を行なう場合、見直すべき場所として挙げられるのはルーターの設定です。このルーターは社内LANとファイアウォールの境目に存在する場所であり、セキュリティに関する設定をしっかりと行なうことで、外部からの不正アクセスをガードすることができます。

企業向けに使用されるルーターであれば、家庭用よりもさらにセキュリティを強化する必要があります。簡単に不正アクセスされないために、ルーターの設定を調整し、認証パスワードによるフィルタリングや通信の暗号化を行なう必要があるでしょう。これらの設定は自社で行なうとなると社員に専門的な知識を学ばせる必要があります。企業向けのセキュリティサービスを提供している会社に依頼すれば、短時間でこうした高度なルーターへのセキュリティ対策を行なってくれます。セキュリティ対策を行なう会社では、近年多く用いられるようになったWi-Fiルーターのセキュリティ設定も行なっています。Wi-Fiを導入した企業であれば、必ずセキュリティ対策を行なう会社へ依頼しておきましょう。